目標具体化で多くの人がやらかすこと

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

前回、一年の目標の立て方について
お伝えしましたが、あなたの今年の
ゴールはもう固まりましたか?

今回は、目標具体化で多くの人がやらかす
ことというテーマでお伝えしたく思います。
内容としては、前回の補足的なもの。

ですから、年間目標に関しては、
全く問題なく取り組めているという場合、
スキップでお願いします。

まずはおさらいから。
前回は「年間目標を立てましょう」という
ことで金子式目標設定法を紹介しました。

金子式の場合、以下2ステップで
年間目標を固めていきます。

1.テーマ設定
2.仕事/家族・周囲/個人にわけ、具体化

どう数値化するかで結果が決まる

その際に重要となるのが
以下2点だとお伝えしました。

1)目標の数値化
2)目標の優先順位付け

優先順位については、迷いは
生じるとしても、その作業方法で
戸惑うことはないと思います。

一方、 “目標の数値化”については、
ご質問いただくことも多く、悩まれる
方が少なくありません

さらにいえば、どのように具体化するかが
達成できるかどうかを左右
する、と
いってもいいほど、重要なこと。

未達に終わることがよくある場合、
ここでやらかしてしまっているケースが
とても多いように感じられます。

ですから、既に目標を立てられていると
したら、以下視点で問題有無をチェック
されるとよろしいのではないでしょうか?

年間目標だけでは未達の可能性大

ここでまずは、悪い目標例を
見ておきましょう。

『毎月1冊、年間12冊のビジネス書を読む』
これって具体的な年間目標ですよね?

目標が数値化されていて、
一見、問題なさそうです。

でも、これだとたぶん
年間12冊読破は達成できません

なぜって、そもそもこれまでコンスタントに
読書できていなかったから、こういった
目標を立てたはず。

だから、毎月1冊、年間12冊
という具体的目標を置いたのでしょう。

こういった形で目標を設定し、
日常がスタートするとどうなるか?

普段の生活が始まった途端、
日々の忙しさが押し寄せ、気がつけば、
1月末という現実が待ち受けます。

ところが「まだ最初の数ページしか読んで
いない」、そんな結果になりがちなんです。

これまでに長期目標を立てたことが
あるなら、そんな苦い経験の
一度や二度、ありませんか?

スタートでつまずけば意欲急降下

スタート月でつまずいてしまうと、
目標を達成しようという意欲が
一気にしぼんでしまう可能性大。

でも、せっかく立てた目標は
やっぱりクリアしたいですよね?
では、どうしたらいいか?

答えは、目標を『日々取り組める
内容にする』
ということ。

読書であれば、『毎日必ず10ページ
読む』そんな形にします。

日々の目標だと、実施したかどうかが
すぐに自己評価できますよね?

それこそが達成できるか
どうかを分ける最大のポイント。
つまり日々の進捗を見える化するわけです。

昨日は忙しくて5ページしか読めなかった
から、今日は15ページ読もう、そんな
軌道修正がすぐにできませんか?

キーワードは“Daily”

一日くらいの遅れであれば比較的楽に
取り戻せますし、こんな風にすると自分自身
が目標を常に意識することにつながります。

ということで目標具体化の際は
ぜひDaily目標を考えてみてください。

資格試験の勉強など、Dailyの行動設定
が難しい場合もあるかもしれません。

その場合、次善の策として
Weekly単位に目標を設定します。

例えば、一週間でテキストを30ページ
こなす、みたいな感じですね。

そのように計画し、土日などの休みに
集中して勉強するというのもありでしょう。

こういった目標設定の仕方は
仕事においても役立ちます。

営業職であれば、一日の訪問、あるいはアポ
件数を目標にすることでトレースしやすく、
モチベーション維持につながりやすい。

ということで、目標設定の際は、Dailyを
基本に、難しい場合はWeekly単位で

考えてみるとよろしいかと。

あなたの目標が成就すること、
心から祈っています。

PS

よくいわれることですが、目標は
ちょっと無理すれば届くくらいのものが
一番モチベーションが高まる傾向にあります。

特に気合を入れて目標を立ててしまった場合、
それが高過ぎないか、という視点で再考
してみるのも“あり”でしょう。

PS2

本内容の続きである、以下記事もぜひご覧ください。
高すぎる目標を設定してしまう人が注意すべきこと
誰もが簡単にできる目標管理の方法

関連記事

  1. 目標未達の時、絶対してはいけないこと

  2. 目標管理におけるKPIとKGI

  3. 高すぎる目標を設定してしまう人が注意すべきこと

  4. 誰もが簡単にできる目標管理の方法

  5. 目標設定で超重要となる優先順位問題

  6. 目標達成できる人とできない人の取り組みの違い

  7. 一年の目標の立て方:計画が実り多き日々を導く

PAGE TOP