高すぎる目標を設定してしまう人が注意すべきこと

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

今回も、前々回前回に続き、
目標設定をテーマに記したく思います。

前々回は、金子式年間目標設定法のご紹介、
そして前回は、年間目標もDaily、あるいは
Weeklyで考えましょう、とお伝えしました。

そういった前提で作った年間目標であっても
一年を振り返った時、ほとんどが未達、
という方もお見受けします。

原因の一つが高すぎる目標設定。
ということで今回は、「目標が妥当か?」
そのチェック方法についてです。

目標は達成することで自信に!

目標は達成することに価値がありますが、
それ以上に大切なのが、達成によって
自分に自信が持てるようになること。

未達が続くと、気持ちが折れてしまい、
達成しようという意欲も湧きにくく
なってしまいます。

ということで、過去を振り返り未達が
多かった場合、出来上がった目標を以下
7視点でチェックしてみてください。

年間目標となるとゴールが遠く感じるだけに
高すぎる目標を設定しがち
ですから、見直し
は達成に近づく行為ともいえるでしょう。

ちなみに、今回はそんな内容ですので、
目標設定については問題なし、という場合、
再びスキップでお願いします。

それでは早速、目標設定7つの
チェックポイントに入っていきましょう。

1)3つ以内に絞り込み

金子式の場合、仕事/家族・周囲/個人
の3分野に分け、目標を設定します。

前々回、全体で10個以内が望ましいでしょう、
とお伝えしましたが、未達が多い場合、これ
を3つ以内に絞ることをおススメします。

通常、人の脳は、なにかを頭に留める際、
『一度に3つが限界』
とのこと。

ということは、それ以上になると
容量オーバーとなってしまいます。

複数の目標を同時進行することに
慣れている場合はいいですが、そうでない
なら、目標は3つ以内に絞ってください。

すると、場合によっては、3分野の内、
目標がない分野も出てくるかもしれません
が、それは致し方なしでしょう。

未達がちな場合、まずは達成すること、
それを喜び、自信をつけることを
優先
されるとよろしいかと。

2)行動目標中心に設定

前々回お伝えしましたように
目標には2種類あります。
それが行動目標と結果目標。

行動目標とは自分が直接、行うこと。
一方、結果目標とは、行動の結果、
もたらされるものです。

ダイエットを例に挙げれば、
毎日2km走るのは行動目標ですし、
年間10kg減量するというのは結果目標。

たまに目標の大部分が、結果目標
という方もいらっしゃいます。

もちろん、結果は大事ですが、
例えば試験合格など、自分の努力と
結果が直に結びつかない場合も

ですから、立てた目標が結果目標中心に
なっているなら、行動目標中心に
修正しましょう。

行動目標であれば、
全て自分でコントロール可能。
したがって達成しやすく
なるはずです。

3)新規取り組みは低めの目標に

年間目標となると、決意も新たに
理想をそのまま目標にしてしまう
という事態も起こりえます。

個人分野でいえば、
新たな習慣作りがその一例でしょう。

読書の習慣、学習の習慣、
運動の習慣など、日頃から必要性を
感じていたものを目標に掲げがち。

さらにいえば、それが高めに設定
されることが少なくありません。

これまで運動の習慣がなかった人が
毎日のジョギングを目標に掲げてしまう、
などがその例でしょう。

こういった新習慣は挫折を招く最たるもの
新しい取り組みを目標とする場合、とにかく
低めの設定をおススメします。

「低すぎるかな?」と感じるくらいが
現実的にはちょうど良いレベル。

新習慣を取りいれるなら、とにかく
習慣化することを最優先にします。

ジョギングでいえば、
「週に一回、家の周りを一周する」
そんな目標からのスタートで十分です。

習慣になってしまえば、
しめたものですから。

新しい取り組みは、『とにかく低く』
が鉄則と考えてください。

4)“止める系”も現実直視

年間目標として、“止める系”の目標
を立てる方も多くいらっしゃいます。

間食や喫煙といった不健康につながる
習慣抑制、あるいはだらだらやってしまう
ネットサーフィンやゲーム時間削減など。

その志は素晴らしいと思いますが、
人はそれほど合理的に行動できません

止めたいと思いつつ、
「でも、少しだけ・・・」と
結局、目標未達を招きかねない。

ですから、 “止める系”の場合も、
とにかく低めの目標を
設定します。

例えば、喫煙であれば、まずは
これまで吸っていた本数の8掛けを目指す。
ただし、週に2日は制約を外す、など。

これまで毎日20本吸っていた人なら、
週の内、5日は16本を上限にする、ただし、
残り2日は何本吸っても良い、とします。

こうして、低いハードルをクリアしていき、
行動に自信がついたら、途中で目標を
上方修正するのも“あり”でしょう。

喫煙の例でいえば、週の5日は、
上限を10本にするなどです。

ちなみに、自分の逃げ道を
作っておくこともお忘れなく。

喫煙でいえば、週の内、2日は
上限を設けずにおく、というのがそれ。

繰り返しますが、“止める系”も
とにかく低めの目標設定が不可欠です。

5)新規/“止める系”は1~2個に

新しいことを始める、あるいは
既存の習慣を止める、というのは
かなりのストレスを伴います。

そういった目標ばかりだと、理想と現実
の間に大きな溝が生じ、それが実現できない
と、ますます自信喪失に。

7つのポイントの最初に、未達が多い場合、
目標は3つ以内とお伝えしましたが、内、
新規/止める系は1~2個に留めてください。

繰り返しですが、とにかく達成すること
を最優先にしていただきたく思います。

6)目標数値の根拠明確化

前々回、目標は数値化が不可欠、と
お伝えしましたが、その際は根拠を
明確にしておく必要があります。

年間目標の数値化でありがちなのが、
精神論に基づく「えいやー」の設定。

精神論は大切ですが、
そうはいっても現実を踏まえなければ
実現性は限りなく乏しくなってしまいます。

例えば、過去(の自分の行動)と比較しその
数字は妥当か、十分に吟味
してください。

目標は少し頑張れば届くくらいが
一番モチベーションが高まります。

一つの目安として、過去比較ができるなら、
その15~20%くらいの伸長がそれに当たります。

あるいは年間目標を365日で割り、実現
できそうかを判断してもいいかもしれません。

立てた数値の根拠、
しっかり精査してくださいね。

7)リカバリー策を検討

7つ目がリカバリー策の検討です。
年間目標というのは、当たり前ですが、
長期の取り組みになります。

あなたを取り巻く環境は刻々と変わっていく
でしょうから、途中で目標に取り組む時間が
なくなる、という事態に陥るかも
しれません。

そうなった時にどうするかを
あらかじめ考えておくと、いざという時、
少しだけ心に余裕が生まれます。

“止める系”を除き、目標達成を目指し
行動するならそれに充てる時間が必要。

ですから、スタートの時点で、目標の実現が
危ぶまれるようになった際、日常のなにをやめ
その時間に充てるか決めておくということです。

例えば、TVの時間を削る、趣味の時間を
減らす、家族との時間を少し短くするなど。

これをしておかないと、
「急に仕事が忙しくなって・・・」など
自分に対し、未達の言い訳をしがち。

そういう意味では、
スタートの時点で覚悟を決める
ということにつながるかもしれません。

以上が目標設定7つの
チェックポイントです。

掲げた目標が未達に終わることが多いなら、
それらが高すぎないか、今一度
チェックしてみてください。

PS

余談ですが、上記7ステップを踏み
目標をチェックしていくと、それだけで
目標がかなり身体に染みつきます。

それって、目標達成が
一歩近づいたといえるかと。
後は粛々とゴールを目指すだけですね!

PS2

本内容の続きである、以下記事もぜひご覧ください。
誰もが簡単にできる目標管理の方法

関連記事

  1. 目標設定で超重要となる優先順位問題

  2. 目標管理におけるKPIとKGI

  3. 目標達成できる人とできない人の取り組みの違い

  4. 目標具体化で多くの人がやらかすこと

  5. 目標未達の時、絶対してはいけないこと

  6. 誰もが簡単にできる目標管理の方法

  7. 一年の目標の立て方:計画が実り多き日々を導く

PAGE TOP