誰もが簡単にできる目標管理の方法

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

過去3回にわたり、年間目標の設定法に
ついてお伝えしましたが、いかがでしたか?

まずは、 金子式年間目標設定法、続いて、
年間目標もDaily単位が良いこと、さらに、
高すぎる目標撲滅法もご紹介しました。

年間目標となると、なににするか
大いに悩むと思いますが、それ以上に
悩ましいのがいかに達成するか。

年間目標のカギを握る進捗管理

ところが、いざ日常がスタートすると、
計画段階で予想もしなかった出来事が
次々発生、なんていうことも
起こりえます。

例えば、重大職務を任されたり、
多くの時間を家族サポートに充てなければ
ならない、なんていうことになるかも。

そうなれば、描いたように行動できず、
気がつけば目標自体を忘れてしまう、
なんていう事態に陥りかねません。

でも、やっぱり目標って、達成したい
ですし、一年後に頑張った自分を
褒めてあげたいですよね?

ということで、今回は目標管理
の方法を記したく思います。
進捗管理、超重要ですよ!

目標設定のポイント確認

具体策に入る前に、目標設定の
ポイントを確認しておきましょう。

1)目標の数値化
2)目標の優先順位付け

目標は数値化しなければ、
クリアしたかどうか判断できません。

複数の目標がある場合、総崩れに
ならないよう優先順位を付けておく
必要性もお伝えしました。

それと、『年間目標といえども
Dailyに取り組める内容にする』

という点もお伝えしましたね?

日次目標になっていれば、実施有無を
日々自己評価できますし、遅れが出た際も
小幅で済み、取り戻しやすいからです。

進捗管理で気をつけるべき2大ポイント

ということで、そういう前提で立てた
目標の進捗をいかに管理するか?
そのポイントはわずか2つだけ。

1)毎日の目標確認
2)結果の記録

「そんなことで?」と思うかも
しれませんが、この2つ、本当に強力です。
説明しましょう。

毎日、目標を確認するというのは、
自分の立てた目標を毎日、目に
焼きつけましょう
、ということ。

立てた目標を書いた紙を手帳などに
挟んでおき、毎日確認するようにします。

その際、黙読でも構いませんが、
できれば音読がおススメ。

音読することで耳からも目標が
脳にインプットされるからです。

私は、毎朝ミニ日記を付けていますが、
その際に必ず年間目標をチェックしています。

こうすることで、意識に
しっかり落としこまれますから、
これはぜひ習慣化して欲しい行動です。

実績の“見える化”が達成意欲を刺激

それともう一つが
結果を“記録”すること。

目標は数値化されているはずですし、
かつ基本的にはDailyで実施できる
ものになっていますよね?

ですから、目標に対し、実際にどう
取り組んだか、それを毎日記録
します。

記録する場所は、日々目に
するものが相応しいでしょう。
おススメは自分の手帳ですね。

手帳を使っていない場合、
自宅のカレンダーなど毎日目に
するものならなんでも構いません。

記録の仕方ですが、例えば毎日ビジネス書を
10ページ読む、という目標を掲げた場合、
次のような感じで書きます。

(1/27~1/31を抜粋したイメージ)
1/27 10ページ(±0/0)
1/28 12ページ(+2/+2)
1/29 5ページ(▲5/▲3)
1/30 9ページ(▲1/▲4)
1/31 15ページ(+5/+1)

日付の後の数字がその日の実績。
ページの後ろの( )内は
目標に対する増減ですね。

( )内の前側の数字がその日の目標に
対する増減、後ろが累計の増減です。

上記の場合、5日間計50ページの
目標に対し、実績が51ページ。

ですから1ページ多く読めている、
ということが一目でわかります。

“五感”フル活用もおススメ!

先ほど、目標は音読を、と書きましたが、
実績も書くことで目から視覚情報として、
手から触覚情報として脳にインプットされます。

こうすることで目標とその進捗が
着実に身体にすりこまれ、結果、目標を
達成しようという意欲が高まる
んです。

こういった習慣が身につけば、
年間目標といえども、ゴールが
見えてきたといってもいいでしょう。

昨年までは思うように年初の目標を
クリアできていなかった、ということなら
今年は上記方法を試してみませんか?

PS

全体の1割くらいの日程が過ぎた段階で
「目標が高すぎたかな?」と思われる場合、
下方修正も視野に入れるべきかと・・・。

その際、決して自分を責めてはいけません。
今の自分には高すぎる目標だったんだと
考えるようにすれば、自己肯定感が高まります。

高すぎる目標の修正法については、
前回記載をご覧ください。

PS2

これも前回、少し触れましたが、高いと
思われる目標の場合、バッファ(遊び)を設けて
おくと、途中で投げ出す可能性が減ります

読書の例でいれば、次のような感じですね。

【年間目標】
1日10ページを基本とし、1週間で
50ページ以上、ビジネス書を読む。

目標として挙げるのは、一般的には
これまでできていなかったこと。

読書を掲げた場合も、時に忙しく
本を開く時間すら取れないことが
あるかもしれません。

上記例なら、1日10ページが基本ですが
週2日、読めない日があったとしても
進捗に遅れが生じません。

過ぎたる目標は、自分を追いこみ、結果、
達成を諦めてしまう可能性すら起こりえます。

目標には若干のバッファを設けておくと、
達成の可能性が高まりますから、お試しを。

関連記事

  1. 目標未達の時、絶対してはいけないこと

  2. 目標管理におけるKPIとKGI

  3. 目標達成できる人とできない人の取り組みの違い

  4. 目標設定で超重要となる優先順位問題

  5. 一年の目標の立て方:計画が実り多き日々を導く

  6. 高すぎる目標を設定してしまう人が注意すべきこと

  7. 目標具体化で多くの人がやらかすこと

PAGE TOP