仕事において一番大切な心構えとは?

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

本日は『仕事において一番大切な心構え』
というテーマでお伝えしたく思います。

いわゆるスキルなら、その方法を学び、磨き
続ければ(時間の経過とともに)、誰もが
一定レベルまで高めることができます。

言い方を変えれば、スキルアップには、
ある程度の時間が必要、ということ。

考え方の変化は即行動変化につながる!

一方、“心構え”は考え方ですから、
『心に留め置く・意識する』もの。

したがい、その姿勢を持ち、仕事に
臨むだけで即行動が変化し始めます。

行動が変われば、結果も変わりますから、
良い心構えは私達の起点といえるでしょう。
では、どのような姿勢が望まれるか?

細かいことを挙げればきりがありませんが、
これまでの私の経験から最も重要と考える
ことを紹介させてください。

それが、『ほ・う・れ・ん・そ・う』
いわずもがな報告・連絡・相談のことです。

「な~んだ、そんなことか」と
思われたかもしれません。

ほうれんそうには能力総動員が必要

ですが、社会人としての30年以上の経験を通じ
いえること、それは「真のほうれんそうが
できている人は多くはない」
ということ。

真のほうれんそうを実践するには、
高いコミュニケーション力が求められます。

論理的に物事を考える力がないと、
相手に理解してもらえません。

時に文字で伝えることだってあるしょう。
ですから書くスキルも要求されます。

さらにいえば、ほうれんそうとは、なんらか
の計画・行動・結果があって行われるもの。

すると、実務処理能力はもちろん、時に
部門横断のリーダーシップやマネジメント力
も必要
になってきます。

ですから、きちんとしたほうれんそうを行おうと
すれば、あらゆる能力を総動員し、高い次元で
共存させる必要がでてくるんです。

優れたほうれんそうをする人=超できる人

結果、しっかりほうれんそうしている人は、
周りから“超できる人”と見られていることが
多いように感じます。

実は、超できる人のほうれんそうというのは、
戦略的だというのをご存知ですか?

超できる人のほうれんそうの基本は、報告。
相談に見えたとしても、相手の答えを、事前に
想定した範囲に収めるよう誘導していきます。

もちろん誘導可能なように、前もって
十分に調査・分析した上で相談に臨んでいる
のはいうまでもないでしょう。

だからこそ相手も、まんまと誘導に
乗ってくれるんです。

相手からしても、こういった
ほうれんそうは大歓迎。

なぜって、そんな風にほうれんそうして
くれたら、この上なく楽だと思いませんか?

優れたほうれんそう実践のメリット

こういった仕事のスタイルを取り続けている
人は2つのメリットを得られるようです。

1)周りからの信頼が飛躍的に高まる
2)自分のペースで仕事を進められる

どうですか、この2つ、
魅力的だと思いませんか?

心構えが即効性のあるものだから、
といって、いきなり明日からそのように
なるわけでは、もちろんありません。

日々ほうれんそうを意識し、経験を積み重ねて
いくことでのみ、それは実現可能なこと。

大切なのは、「ほうれんそうは、仕事をしていく
上で積極的に行っていくもの」と認識し努力し
続ける姿勢を保てるかどうか
、だと思います。

うまくいかないことがあるかもしれません。
相手から予想外の突っこみが入り、窮地に
追いこまれることだって起こり得ます。

心構えが全ての問題を解決に導く

でも、「徹底的にほうれんそうするぞ」という
心構えさえあれば、きっと時(場数経験)
がそれら問題を解決してくれるでしょう。

超できる人は皆さん、良好なほうれんそうを
常に意識しているように見えます。

上司に対してはもちろん、
社内関係者や取引先、そしてお客様に。

信用が信用を生む好循環を
作り上げている感じですね。

さて、では具体的にどういった
ほうれんそうが望まれるか?

ポイントは、タイミング・対象・内容の3つ
その手法につきましては、私が主宰する自立型
ビジネスマン育成塾ブログに記してあります。
心構えがあなたの仕事の質を120%アップする

ということで、もしご自身の“ほうれんそう”に
改善の余地がありそうなら、このタイミングで
一度、自主点検されてはいかがでしょう?

PS

これも経験値ですが、ほうれんそうが良好な
職場ほど、明るく活気があるように思います。

少し話が逸れますが、互いの仕事が見える、
というのは、チームとして仕事を進めていく
上て、大切なことだと強く感じるゆえんです。

関連記事

  1. 楽して稼ぐ方法

  2. 世間や会社ってけっこういいかげん!?

  3. 仕事でも社会でも1番役立つスキル

  4. あなたの仕事がなくなる時代が近づいてきた!

  5. 時間の作り方-社会人が新たな仕事・勉強タイムを確保する方法

  6. 残業は評価される、それとも評価されない?

  7. トラブル対応に見る良い例・悪い例

  8. どのような仕事にも必要とされるスキル

PAGE TOP