成功者は味方を増やす?敵を減らす?

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

今日の話は、特に冒頭に掲げた事例が、
人によって、難しく感じるかもしれません。

ですが、大切な“教え”を含むもの、
敢えて挙げることにしました。

そういう前提で読んでいただけますか?
では、早速本題に入りましょう。

イギリスのEU離脱が引き起こす裏の問題

ご存知ですよね?
イギリスのEU離脱問題。

当初は離脱派が有利といわれ、途中、残留派が
盛り返したといわれ、結果的に離脱派が勝利。

イギリスのEUからの離脱が確定した
ことで、株価などに大きな影響が出ました。

それはさておき、この離脱問題で
語られない大切な教訓
があるんです。
今日はそれに絡め、お伝えしようかと。

イギリスのEU離脱が確定したことで
EU内に大きな変化がありました。

直後に実施さえたスペイン選挙。
当初は離脱派が躍進するのでは、といわれて
いましたが、そうなりませんでした。

一方、各種報道等でご存知の通り、離脱を決めた
イギリスに対し、EU内から厳しい対応を求める
声が挙がり、実際そのように推移しています。

イギリスの離脱派は、EUとの交渉を有利に
進めるべく、離脱前はいろいろ画策していた
ようですが、そのようにはなりませんでした。

感情的しこりが後々に及ぼす影響

人は感情の生き物

大きな混乱を招く決断をしたイギリスに感情的
しこりを残したEUの人々は多い
ことでしょう。

ところで、あなたは価値観が合わない
相手とどのように接していますか?

プライベートなら会わないようにする
という選択肢もありますが、仕事だと
そうもいかないですよね?

まして、それが上司やお客さん
であればなおさらでしょう。

繰り返しとなりますが、イギリスはEU離脱に
際し、大きな感情的しこりを残しました。

あなたは、過去に感情的しこりが
残った相手っていませんか?

既に接することがなくなっていれば
いいですが、そうでないなら、そういう
人と顔を合わすのって嫌ではありませんか?

実はここに大きなポイントがあります。

味方を増やす?敵を作らないようにする?

ここであなたに質問。
古今東西、成功する人が心がけて
いるのは次のどちらでしょう?

1)できるだけ味方(協力者)を増やす。
2)できるだけ敵(非協力者)を減らす。

人ひとりの力は限られます。
ですから、協力者が多いほど、
いろいろな取り組みが可能となる!

さて、では質問の答えはどちらでしょう?
1)の味方を増やす、でしょうか?

答えは、なんと2)の敵を減らす。
なぜ、敵を減らすことが成功につながるか。

敵にもいろいろなタイプがいますが、
感情にしこりを残してしまうと、敵は
嫌がらせをするようになります。

こっそり足を引っ張る敵こそ恐怖

怖いのは、表面上、無抵抗のように
見せかけ、裏で悪さをする
人がいること。

するとなにが起きるか。
例えば、事実と異なる噂を立てるなど
相手を失墜させようと暗躍します。

結果、あなたがなにかを成し遂げようと
している場合、敵が大きな抵抗勢力に
なってしまう、ということ。

もちろん、味方が不要
ということではありません。

ただ、成功するには周りの協力が不可欠。
その際、敵が少ないのが一番
ということなんです。

イギリスは今回のEU離脱で
敵をたくさん作ってしまいました。

今後、イギリスがなにかを
仕掛けようとしても、心にしこりを
持つ人は、抵抗勢力になる可能性大。

ですから、もしあなたも価値観が
合わないなど、苦手な人がいたとしても、
敵にしない程度のお付き合いは必要でしょう。

結局はそれがあなたの成功を
加速させることにつながる訳ですから。

PS

敵にしないための方法ですか?
こちらが参考になるかもしれません。

関連記事

  1. 店員を無視し続けたお客さんのまさかの理由

  2. 感情がないと言われると悲しくなる

  3. 年上の人、先輩・上司を褒めていますか?

  4. 遅刻の伝え方・言い方で多くの人が犯すミス

  5. 仕事に差がつく年末の挨拶&年賀状活用術

  6. 初対面の相手と距離を縮める方法

  7. 身近な人にこそ感謝の言葉を伝える!

  8. 感謝の気持ちを誰に伝えるか(意識したい3つの視点)

PAGE TOP