目標管理におけるKPIとKGI

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

今日は、目標管理について書かせてください。
テーマはKPIとKGIです。

先日、ある企業のマネージャーさんと雑談
していた時のこと、諸々話す内、その方
の目標管理が話題となりました。

仕事もプライベートもことごとく玉砕

状況などを教えていただいていると、少し肩を
落としながら、こうおっしゃったんです。
「目標が全く達成できなくて」

目標って、やっぱり達成できた方が
嬉しいじゃないですか?

「もう少しで届きそうだ!」と思うと
頑張れますし、目標をクリアできれば
モチベーションが上がります
よね?

マネージャーさんに話を戻しましょう。
この方、仮にAさんとしますが、ここ数年、
ことごとく目標が未達に終わっているとのこと。

仕事上の目標もそうですし、プライベートで
立てた目標も同じ状況だといっていました。

「正直なところ、最近はちょっと
自信をなくし気味なんですよね」とも。

それで、よくよく話を聞いてみると、この方の
目標って、全て『KGI』だったんです。

結果指標とプロセス指標

KGIとは、Key Goal Indicatorの略。
結果指標のこと。

対する概念が、『KPI』
こちらはKey Performance Indicatorの略。
プロセス指標を指します。

例えば、企業の最終利益って、
さまざまな活動の結果、決まるものですよね?
ですから、結果指標(KGI)となります。

一方、例えば部門経費を削減したり、
売上アップに向け、新規のお客さんの訪問を
増やす、なんていうのはプロセス指標(KPI)。

KPIとは、自分(達)が結果を
コントロールできる
もの。

KGIは、完全にはコントロールできないもの、
と考えていただくといいかもしれません。

あっ、先ほど挙げた例、念のため、補足します。
新規のお客さん獲得数は、KPIではなく、
KGIとなります。

お客さんを何件訪問するかは
完全にコントロール可能。

でも、その結果、新規のお客さんに
なってくれるかどうかって相手しだいですよね?

こればかりは、相手があることなので自分(達)
の意志だけでは100%コントロールできません。

目標管理ではKPIとKGIをバランス良く!

はい、ここで先ほどの
Aマネージャーに戻りましょう。

Aさんが立てた目標は、例えば
○○資格を取得するなど、自分だけでは
結果をコントロールできないものばかり。

あ、Aさんの名誉のために補足しますが、
Aさんが目指した資格は一般にかなり
難易度が高いといわれるものです。

話を戻します。
なにかをやり遂げようと思えば、目標は大切。

ただ、その目標がKGIばかりだと、
第三者の影響が加わるため、自分が頑張っても
必ずしも達成できるとは限りません

一方、プロセス指標であるKPIなら、
結果を自分(達)がコントロール可能。
やり方しだいで達成感を得られます。

先ほどの資格取得の例でいえば、
資格取得自体はKGI。

一方、「1日2時間勉強する」
「テキストを毎日10ページこなす」
なんていうのは自分でコントロール可能なKPI。

もちろん、目標が
KPIだけでは十分といえません。
特に仕事においては、結果が重要ですから。

そういった点を踏まえれば、KPIとKGIが
バランスされた目標が最良
といえるでしょう。

ということで、もしこれまで、KPIとKGIを
意識せず目標を立てていたなら、今後は両者を
意識的に使い分けていただくとよろしいかと。

PS

KPIとKGIについては、
こちらにも記してあります。
よろしければ、併せご覧ください。

関連記事

  1. 目標未達の時、絶対してはいけないこと

  2. 目標具体化で多くの人がやらかすこと

  3. 一年の目標の立て方:計画が実り多き日々を導く

  4. 目標達成できる人とできない人の取り組みの違い

  5. 目標設定で超重要となる優先順位問題

  6. 高すぎる目標を設定してしまう人が注意すべきこと

  7. 誰もが簡単にできる目標管理の方法

PAGE TOP