時間を有効活用するコツ:朝15分が成果を左右

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

突然ですが、平日の朝って
忙しくされている方が多いですよね?

分刻みどころか、秒刻みで
過ごされる方もいらっしゃるかと。
あなたはいかがですか?

実はそんな忙しい朝だからこそ、どう
過ごすかによって、一日を有効活用できるか
が決まってしまう
って、ご存知ですか?

ということで、今日は「時間を有効活用する
コツ:朝15分が成果を左右」という
テーマでお伝えしたく思います。

時間を有効に活かす3ステップ

結論から行きましょう。
時間を有効活用する朝15分の使い方とは、
毎朝、次の3つを実行すること。

1)今日したいことを全てリストアップ
2)2つのルールに則り、順番を決定
3)それらを15分以内に完了

ちなみに、作業場所は、自宅でも、職場でも、
はたまた通勤途上の車内などでも構いません。

それと『今日したいこと』の中には、
プライベートも含める
必要があります。

ですから「今日したいことを全て」というのは、
あなたがその日の内にやり遂げたいこと、その
全てを指している、ということになります。

ルールを守れるかも成果に影響

話を戻しますね。
2)で挙げた“2つのルール”とはなにか?

◆重要度の高いことを常に優先する
◆頭を使うことは午前中に集中させる

結論は以上なんですが、ここで終わしまっては
「なんで?」という疑問だけが
残ってしまうかと(笑)。

ですので、少し解説します。
なぜ、たったこれだけのことで
一日を有効活用できるか?

“したいこと”全てをピックアップし、
その順番を決めますから、後はその通りに
ひたすらこなすだけになりますよね?

次にどれをしようか、
といったことで悩む必要がありません。
つまり悩む時間の節約になります。

実は、悩んだ結果、合間の休憩時間が長引いて
しまう、なんていうことも起こり得ます。
ですから、悩み節約って大切なんですね。

話しかけにくい状況を作ろう!

それだけではありません。

このように作業に取り組むと、端から
見た場合、超集中しているように感じる。
結果、余計なことに引きこまれずに済む

それってけっこう大きくないですか?

仕事中、あるいは、ご自宅においても人から
話しかけられると、作業が中断します。

場合によっては、どこまで進んだか
忘れてしまうことになりかねません。

そういった時間って、寄せ集めると
かなりのロスになっていることが多い。
それが減るんですから、効率的かと。

先ほど挙げた2つのルール通りに順番を
決めることも、欠かせないポイントです。

重要な作業から片付けていくことに
なりますから、精神的にとても楽になる

論より証拠、これはぜひやってみて欲しいです。
きっと、思う以上に効果がありますよ!

脳の特性を活かすこともお忘れなく

頭を使う、つまり考える系のことを午前中に
集中させるのも大きな意味があります。

人の脳は朝と夕方では、その働きに
6倍の差がある
って、ご存知ですか?

つまり、朝は夕方に比べ、6倍も
脳がフル回転する、ということ。

これも実際にやっていただくと、その
効果を強く実感していただけるでしょう。

15分以内という時間も忘れないでください。
人の集中は15分周期といわれます。

ですから、集中が途切れない内にその日1日
をスケジューリングしてしまってください。

ということで、1日を有効活用するなら今日
からぜひ以下を実行していただきたいです。

1)今日したいことを全てリストアップ
2)2つのルールに則り、順番を決定
3)それらを15分以内に完了

その効果、保証しますよ(笑)。

PS

人は、すぐ終わりそうな作業、簡単にできそうな
作業、慣れている作業から手を付けがち。

でも、そうすると、結果的に重要かつ頭を使う
作業が午後以降となり、非効率この上なし。

ということで、一日を有効活用したいなら、
午前中の使い方も相当に重要かと。

PS2

関連する以下記事も併せご覧ください。
仕事の計画のために使うべき時間
週間の時間管理で仕事力が120%アップ

関連記事

  1. 社会人が学習時間を確保する方法

  2. 週間の時間管理で仕事力が120%アップ

  3. 時間を効率よく使う方法:2つのアプローチ

  4. 仕事の計画のために使うべき時間

  5. ToDoリスト作成のコツ:仕事管理の方法

PAGE TOP