週間の時間管理で仕事力が120%アップ

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

前々回、一日の最大活用法を
お伝えいたしました。

もし、あなたが今の時間の使い方に満足
していないなら、ぜひ実践くださいね!

なぜって、この話をお伝えし、
実践された方の内、効果が出なかった、
という方がいらっしゃらないから。

で、今日はその第2弾の話
をさせていただこうかと。

週で見た仕事効率を120%アップ

今回は、一日ではなく、さらに長い『一週間
の時間管理』について、記させてください。

といいましても、基本的には、
前々回お伝えした一日の活用法と大きく
変わるわけではありません。

考える単位が週になりますから今週一週間を
どう過ごすか、週始めに見極め
、後はそれを
一つひとつこなしていく、という流れです。

具体的には、以下のような
やり方をおススメしています。

1)今週したい仕事を全てリストアップ
2)2つのルールに則り、順番を決定
3)検討の時間は最大でも45分以内に

2つのルールとは・・・。
◆基本的に重要度の高い仕事を優先
◆頭を使う仕事を午前中に実施

『重要>期限』に基づき行動

その際に、一番意識して
いただきたいことをお伝えしますね。

それが、『期限より重要度を
優先する』
というもの。

少し説明させてください。
人は仕事の順番を決める際、期限の
迫ったものを優先する傾向があります。

例えば、明日が期限の仕事Aと明後日が
期限の仕事Bがあったとしましょう。

重要度としては、AよりB、つまり、明後日
が期限の仕事の方が高い、という前提です。

こういう場合、多くの人は
最初にAの仕事に取りかかります。

ただ、この方法だと、一週間の使い方が非効率
になる可能性が高くなってしまうんです。

納期に間に合いそうもない時は、そうせざるを
得ませんが、そうでないなら、より重要度の
高いBから手を付けるのがおススメ。

ストレス減がパフォーマンス向上に

その一番のメリットは、自分自身
が精神的に楽になり、結果、常に高い
パフォーマンスを発揮しやすくなるから。

重要度の高いものって、「それをしなければ」
と思うだけでストレスを感じませんか?

それを早く終わらせられれば、残る
のはよりストレスの少ない仕事だけ。

夏休みの宿題を思い浮かべて
いただくといいかもしれません。

宿題が残っていると、ふとした瞬間に
それが思い起こされ、心の底から遊びなどを
楽しめない
、という状態になりますよね?

面倒なものが残っていると、それだけで
気持ちが沈み、結果、脳の働きも鈍り
ます。

ですから、一週間の仕事の順番を
決める際は、基本的に期限より重要度を
優先していただきたいんです。

考える系は午前、作業系は午後

但し、午後は頭の回転が鈍りますから、
考える系のお仕事は午前に集中。

例えば、1番重要な仕事を月曜午前に、
2番目を火曜午前に、という感じですね。

念のために補足しますが、人の
エネルギーは一週間の中で変化するそう。

一般には、月曜から水曜にかけて上昇し、
木曜から週末にかけて下降するとか。

ただ、これは個人差がありますし、
エネルギーの充実以上に、重要な仕事
を早目に終える安心効果は絶大です。

ということで、もし、今以上
に仕事効率を高めたいなら、一度、
以下手順も試されてはいかがでしょう?

1)今週したい仕事を全てリストアップ
2)2つのルールに則り、順番を決定
3)検討の時間は最大でも45分以内に

PS

上記で取り上げた
「一週間の人のエネルギー変化」。

もし、これについて詳しく知りたい、という
ことなら、こちらを参考にしてください。

仕事の生産性を高めるノウハウが
満載された書籍となっています。

関連記事

  1. ToDoリスト作成のコツ:仕事管理の方法

  2. 仕事の計画のために使うべき時間

  3. 社会人が学習時間を確保する方法

  4. 時間を効率よく使う方法:2つのアプローチ

  5. 時間を有効活用するコツ:朝15分が成果を左右

PAGE TOP