目標未達の時、絶対してはいけないこと

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

今回は、前回お伝えした内容の補足的なこと、
といいましても、実はとても大切なこと
なんですが、そんな点を記したく思います。

そもそも、前回なにをお伝えしたか?
忘却のかなたかもしれませんね(笑)。

ということで、まずは軽く前回のおさらいから。
お伝えしたのは、目標未達の原因についてでした。

目標未達2大要因

目標をクリアできない要因、それを大別すれば
以下の2つに絞られる、というご紹介です。

1)目標の分解不足
2)目標の数値化不足

なんとなくでも、思い出していただけましたか?

もちろん、例えば、「そもそもの目標が高すぎた」
なんていうことがあるかもしれません。

いずれにしましても、未達が続くなら、
そこに必ずなんらかの原因があるはず。

未達慣れしてしまうと、「どうせ無理でしょ!」
となっしまって、最悪の場合、挑戦する意欲
すら薄れてしまう
危険性があります。

ですから、モチベーション維持のためにも
立てた目標を達成することって、とても大事。

そんなことから、目標達成が危ぶまれる際は
分解&数値化が適切に行えているか、
ぜひ確認いただきたいです。

原因分析における禁じ手

で、そういった際、一つだけ絶対に
してはいけないことがあるのをご存知ですか?
今日お伝えしたかったのが“そこ”なんです。

結論から行きますね。
特に原因分析の際、絶対にしてはいけないこと、
それが「なぜ?」と自分に問いかけること。

例えば。
「なぜ、目標を達成できないんだろう?」
「どうして、こんな結果になっちゃったのかな?」

こんな風に「なぜ?」「どうして?」と
自問してはいけない、ということです。

もしかしたら、こんな疑問が
頭に浮かぶかもしれません。

「『なぜ?』って重要でしょう!」
「トヨタ式だって『なぜを5回繰り返せ』
 っていうよね?」と

確かに技術問題など、物事の真因をロジカルに
探る際は、それはとても有効な手段となり得ます。

マイナスの影響大の「なぜ?」

でも、目標未達の原因を自問自答する際、
「なぜ?」を多用してしまうと、副作用
の方が大きくなりがちなんです。

どういったことが起きるかというと、「できない
理由」、つまり“言い訳”に終始
するようになる。

それだけではありません。
言い訳し続けていると、自分を責めるような
展開になり、結果、気持ちが沈んでいきます。

例えば、なんらかの試験合格を目標に置き、
そこに向かって走り出したとしましょう。

でも、思ったように勉強することができず、
どうすればいいか、自問自答したとしますよね?

Q:なんで、勉強できなかったんだ?
A:仕事が忙しかったから。

Q:なんで仕事が忙しかったんだ?
A:やることがたくさんあったから。

Q:なんでやることがたくさんあったんだ?
A:予期せぬ事態が多発したから。

Q:なんで予想できなかったんだ?
A:自分の見込みが甘かったから。

Q:なんで見込みが甘かったんだ?
A:(自分の)先を読む能力が低いから!?

これはあくまで一例ですが、多くの場合、
結局、自分の能力不足、意識の弱さ、なんて
いう答えに辿り着きがちなんです。

そうなってしまうと、どうしても
気持ちが沈んでいくと思いませんか?
それは避けたいですよね?

「どうしたら?」がおススメ

では、どうすればいいか?

「どうしたら(できる)?」
と自分に問いかけて欲しいんです。

先ほどの質問を「どうしたら?」
形式に変換してみましょう。

「なぜ、目標を達成できないんだろう?」
「どうしたら目標を達成できるだろう?」

「どうして、こんな結果になっちゃったのかな?」
「どんな風に取り組めばいいかな?」

こういった感じで自分に問いかけてみる。
すると、解決のための方法論に目が向くはず。
結果、解決の糸口をつかめる可能性大。

このロジックって、時間軸で考えて
いただくと分かりやすいかもしれません。

「なぜ?」というのは過去を振り返る質問。
一方、「どうしたら?」は未来を考える質問

当たり前ですが、過去は変わりません。
でも、未来はあなたしだいですよね?

ということで、もしあなたの今年の目標達成に
黄信号が灯っているなら、「どうしたら?」と
自問すると、良いアイデアが浮かびやすいかと。

ぜひ、お試しくださいませ。

PS

これ、部下コミュニケーションに
おいても効果大なんです。

トラブルなどが起きた際、「なぜ?」と
問うと、部下は責められていると感じ、
言い訳に終始する傾向があります。

一方、「どうしたら?」と問えば、新たなアイデア
が浮かぶかもしれませんし、議論が建設的に。

だいたいにして、雰囲気も悪くなりませんし・・・。
なので、Why?ではなくHow?がおススメです!

関連記事

  1. 高すぎる目標を設定してしまう人が注意すべきこと

  2. 誰もが簡単にできる目標管理の方法

  3. 目標達成できる人とできない人の取り組みの違い

  4. 目標管理におけるKPIとKGI

  5. 一年の目標の立て方:計画が実り多き日々を導く

  6. 目標具体化で多くの人がやらかすこと

PAGE TOP