断られない頼み方、頼み事のコツ!

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

今日は“頼み事”を取り上げたく思います。
仕事においても、プライベートにおいても
人になにかをお願いすることってありますよね?

で、当たり前ですが、そういう時って、
相手に「YES」といって欲しいかと。

しかも、同じ「YES」をいってもらうにしても、
相手に気持ちよく受け入れて欲しい、と
思うのが人情ではありませんか?

例えば、上司が部下になにかを
頼むにしても(いわゆる“指示”だと
しても)、それは変わらないはず。

あなたはどの表現を好みますか?

ところで、もしあなたが頼まれ事を
された場合、以下の3パターンの内、
どれが最も抵抗が少ないですか?

職場の同僚に、なんらかの書類を
手渡されるシーンを思い浮かべてください。
その時に相手が発した言葉、という想定です。

A:これを見ておいてください。
B:これを見ておいてください。お願いします。
C:これを見ておいてもらえませんか?

言葉って、その意味することは同じでも、
言い方ひとつで相手の受け止め方が、大きく
変わってしまうことが少なくありません。

上に挙げたABCという3つの表現も、
その意味するところは基本的に一緒です。
ただ、いわゆる『言い回し』が違っている

では、あなたなら、ABCのどの言い方を
されると、一番受け入れやすいですか?

肯定文vs.疑問文

AよりBの方が、抵抗感が少ないでしょう。
では、BとCを比べると、どうですか?
BとCの違い、それは肯定文か疑問文か。

一般にCのような言い方をすると、
「YES」といってもらえる可能性が高まります

それは、なぜでしょう?

AもBも、相手に書類を見るように
依頼していますが、言い方は一方的。

「○○してください」という語尾に
大きな強制力を感じる人もいるはずです。

一方、Cだけが疑問形。
「○○してもらえませんか?」と
いった問いかけの形になっています。

人は「こうしろ」と指図されるのが大嫌い
でも、自分が選択権を持った瞬間、
前向きに捉えられるようになる。

「○○してもらえませんか?」
「○○をお願いしてもいいですか?」

そこに“選択の自由”があるか?

このような表現で伝えられた瞬間、
Yes or Noという選択肢を与えられたように
(相手が勝手に)感じる、というしだい。

ですから、伝えられた相手は、実際は
「No」とは答えにくい状況だとしても、
選択権を行使できるように思えるんです。

結果、「YES」を自ら選択したと捉えることができ、
頼まれ事に対する抵抗感が薄れる、ということ。

そのような訳ですので、人になにかを
頼む際は、疑問形が超おススメです。

言い方を工夫するだけで、
あなたの要求が受け入れられやすく
なるわけですから、使わない手はないかと!

PS

疑問形を使った頼み事は、
親しい仲ほど、その効果を発揮します。

ご夫婦やカップルなど、身近な存在の
人にこそ、ぜひ使っていただきたいです。

関連記事

  1. 上司の本音を引き出す方法

  2. 年上の人、先輩・上司を褒めていますか?

  3. 身近な人にこそ感謝の言葉を伝える!

  4. <新聞配達編>相手の本心を見抜く方法

  5. 聞く力がない・弱いというのは致命的!

  6. 傾聴スキルさえあれば仕事力が3倍にアップ!

  7. 成功者は味方を増やす?敵を減らす?

  8. 感情がないと言われると悲しくなる

PAGE TOP