フレームワークの組み合わせが仕事力向上に直結

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

いきなりですが、あなたへ質問。
仕事中にこんな経験、ありませんか?

◆新しい企画案を出したいのに、
 良いアイデアが思い浮かばない。
◆原因を突き止めるべく分析しようと思う
 けど、どこから手を付けていいか分からない。
◆置かれた状況を整理したいけど、どう
 整理すればいいか、見当がつかない。

仕事をしていると、時に次の一手が
思いつかないことって、ありますよね?

いわゆる“袋小路”に迷いこんで
しまったような状態です。

フレームワーク組み合わせ戦法

今日は、そんな時にぜひ試して
いただきたい方法をご紹介しましょう。
それが『フレームワーク組み合わせ戦法』。

フレームワーク、ご存知ですよね?
“切り口”といわれることもありますが、
きっと日頃使っていることでしょう。

フレームワークとは、世に
広く認められた型(枠組み)のこと。
ポイントは、それが“MECE”という点です。

MECE、ミッシーとかミーシーと発音されますが、
フレームワークを使うと、重複なく、漏れなく
物事を捉えることができるようになります。

例えば、PDCAとか3C、4P、SWOTなど
細かなものを含めれば、その数ざっと数百。

実は、これらフレームワークが、上に挙げた
ような状況下に置かれた際、大いに役立ちます。

その方法こそが、フレームワークを
組み合わせる、という手法なのです。

事業戦略を考える場合

例えば、新しい事業戦略を
考えることになったとしましょう。

でも、どう考えていけばいいか良い
アイデアが浮かばない、としますよね?

その場合、例えば最初に3Cで考えてみます。
3Cとは、以下の3つ。

◆市場・顧客(Customer)
◆競合(Competitor)
◆自社(Company)

◇市場には、どんなニーズがあるか?
◇競合はどんな商品を提供しているか?
◇自社にはどんなノウハウがあるか?

こんな感じで思いつくことを
なんでも書き出していきます。

でも、今一つしっくりこない。
そんな時こそ、組み合わせ戦法の出番。

ちなみに、組み合わせるフレームワーク
に決まりはありませんので、念のため。

3C×PDCA

話を戻しましょう。
とりあえず、ということでPDCA
を組み合わせることにしたとします。

◆計画(Plan)
◆実行(Do)
◆評価(Check)
◆改善(Act/Action)

すると、例えば3Cの“競合”を
考える場合、こん感じになります。

◇競合は、どんな計画を練っているだろう?
◇競合がいま実行していることってなんだ?
◇競合はどんな点を評価されているのだろう?
◇競合はどんな点を見直そうとしているかな?

そんな形で思考を巡らせていくと、
3Cだけで考えていた時に比べ、アイデア
が浮かびやすくなるはずです。

もししっくりこない時は、別のフレームワーク
を組み合わせ、同じようにやってみてください。

あるいは、最初の3Cを別のフレーム
ワークに変えても良いと思います。

やみくもに考えるだけだと、答えに
辿り着けないこともあるかもしれません。
そんな時こそ、組み合わせ戦法が本領発揮。

ブレイクスルーのきっかけ
としてお役立ていただきたいです。

PS

フレームワーク組み合わせ戦法、
悩んだ時、ほんとおススメの方法ですよ!

関連記事

  1. 論理的な伝え方のコツ-その4ステップ

PAGE TOP