初対面の相手と距離を縮める方法

From:自立型ビジネスマン育成塾長 金子誠志

前々回、2日間の缶詰セミナーに
参加したことをお伝えしました。

今日はその中であった「思いこみ、
恐るべし」という話をご紹介しましょう。

そのセミナーは一般的に見て、
決して安い金額のものではありません。

そうですね、例えば大卒初任給では
参加できないくらいの金額です。

シェアタイムなのに“だんまり”

会場の席は二人掛け、私の横に
座ったのは、20代と思われる女性でした。
(後で偶然、歳を伺ったのですが、29際だそう)

ちなみに、たぶん20代は
彼女だけだったと思います。
その向上心たるやすごいですね!

セミナーは丸々2日間を使うという日程。
途中、学びを振り返り、インプットを増やす
ためのシェアタイムが設けられています。

自分の周りの席の人と、学びや
気づきを共有する、そんな時間です。

で、最初のシェアタイムがスタート。
私はその女性とシェアすることになりました。
すると、彼女がいきなりこういったんです。

「私、人見知りでして、初対面の人と
 うまく話せないんですよ」

確かに、こちらに視線を向けることなく
それだけ話し、彼女は黙ってしまいました。
シェアタイムなのに・・・。

診断を提案すると・・・

私が一方的にしゃべるという選択肢もありますが
(笑)、それでは互いがHappyになれません。

コミュニケーションの先生である私としましては、
このままでは有意義な2日間を過ごせないと思い、
コミュニケーション診断を提案しました。

すると彼女から「ぜひ、お願いします」との返事。
そこでいくつか質問していくと
彼女がこういいました。

「どう話せばいいか、わからないんです」
 だって、初めての人だと、相手のこと、
 なにも知らないじゃないですか?」

確かにその通りです。
でも、それだと初対面の人とは
永遠になにも話せなくなってしまいますよね?

当たり前ですけど、初めて会った
相手は全て『初顔合わせ』。

そして、さらにその後のやり取りで
わかったことですが、その女性は必要以上に
初対面の相手を恐れているようでした。

初対面の相手への接し方

確かに、その心理、理解できなくもないです。
相手の素性がわかりませんから。

でも、大人であれば初対面の相手と話さなければ
ならない場面は多いですし、それができない
と円滑な社会生活を営めません。

では、どうしたらいいか?

実はコミュニケーションが苦手と
感じる多くの人がなにか話さなければ、
という疑心暗鬼に陥っています。

実際はそんなことはないのですが、
そう思いこんでしまっているのです。

コミュニケーションは言葉のキャッチボール。
どちらかが一方的に話すなら、それは
単なるスピーチでしょう。

そんな時におススメの方法、それが“聞くこと”
つまり相手に質問する、ということです。

人は自分のことならいくらでもしゃべれますし、
自分のことを知ってもらうのは嬉しいもの。

異なる世代ともスムーズな会話

中には、あまり自分のことを
語りたがらない人もいますが、一般的には
質問すれば、なんらかの答えを返してくれます。

するとその内容や話し方、仕草などから
徐々に人柄などが伝わっていくはず。

途中、自分の情報も少しずつ発信するように
心がければ、互いがすぐに打ち解けられます。

ということで、もしコミュニケーションが
苦手、ということなら質問力駆使がおススメ。

天気の話題辺りから雑談に入れば、
例え世代が大きく異なる初対面の相手
だとしても、スムーズに会話が進むでしょう。

聞く力はさまざまな場面で活きます
から、ぜひ活用してみてください。

PS

もしあなたがもっと雑談力を高めたい、と考えて
いるなら、こちらがお役に立てるかと・・・。

関連記事

  1. 相手に「話が難しい」と思わせていませんか?

  2. 感謝の気持ちを誰に伝えるか(意識したい3つの視点)

  3. 成功者は味方を増やす?敵を減らす?

  4. <新聞配達編>相手の本心を見抜く方法

  5. 話を引き出すのが上手い人の裏ワザ

  6. 聞く力がない・弱いというのは致命的!

  7. 上司の本音を引き出す方法

  8. 感情がないと言われると悲しくなる

PAGE TOP